レーザー脱毛にはどんなものがあるか

レーザー脱毛には、医師免許を持つ病院やクリニックなどでのみ行なえる医療用レーザーと、エステサロンや脱毛専門サロンなどで行なえるフラッシュ脱毛があります。

医療レーザー脱毛は、高い出力のエネルギーを照射することにより、従来からホクロやアザ、ソバカスやシミの治療レーザーの特定の色に作用する性質を活用し、毛の黒いメラニンの色に反応させ、熱を吸収させ毛を伝導体にし毛球の毛乳頭などの細胞をやけど状態にすることによって破壊する医療行為となるレーザー脱毛です。その効果は、長期的な持続性があり、永久脱毛と呼べるものです。

ただし、黒い色の反応することから、色素沈着の濃い部分や日焼けしている肌には使用できないのがデメリットとなっています。それに反してフラッシュ脱毛は、光の出力により弱いエネルギーを照射することにより、毛根にダメージを与えて毛の再生を抑える方法です。毛根にダメージを与えるのは同じですが、出力を抑えているため医療用レーザーに比べ約3倍から5倍の照射を繰り返すことにより、同様な効果が得られますが、持続性がやや劣り、脱毛が完了しても毛が再生率が高く、施術を繰り返すことが必要となります。

いずれもレーザー脱毛を完了したからとはいえ、2度と毛が再生されないわけではなく、その持続性と再生率に大きな差があることを理解する必要があります。レーザー脱毛を受ける前には、インターネットなどでそれぞれの情報を集めたり、エステサロンなどでは無料カウンセリングがあるので、それを利用するのが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *