マンション経営から起業を目指す

将来起業を目指している若い方なら、20代30代のうちからマンション経営を始めてみましょう。

すでに株式投資やFXを始めているというなら、次は不動産投資に挑戦してみましょう。ただ、株式投資などよりもハードルが高くなっています。さらに投資する金額の桁が一つ二つ増えることになります。株式投資なら10万円や100万円という金額でも問題なく参加できましたが、不動産投資やマンション経営となると、1000万円から1億円程度の金額になってしまいます。

もちろん、全てを自己資金で用意する必要はありません。最初は数百万円の頭金を貯めることから始めてください。そして、お金に関する信用を高め、年収をアップさせましょう。株式上場企業であれば、年収500万円に到達するのも早いはずです。ある程度の年収があるという場合は、マンション経営にも有利に働きます。自己資金プラス不動産投資ローンを組めば、数千万円の物件を購入することができます。

平均的なマンション経営では利回りは10%程度とされています。仮に投資物件が5000万円だったとすると利回り10%なら、500万円の年収になるはずです。こうして、サラリーマンと同じくらいの年収を不動産投資で得られるようになれば、事業として独立させていけばいいでしょう。不動産賃貸経営を行いながら、別の事業を始めることができます。起業したいと思うなら、まずは安定収入を得ることから始めましょう。それにはマンション経営が一番です。
防犯カメラの一括導入のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です