資金0でマンション経営を行う方法

マンション経営を行うためには、当然ながらマンションを購入するだけの資金が必要です。

資金がなければ金融機関でローンを組むしかありませんが、目的がマンション経営の場合、収益物件ということになるので、よほど価値のある担保を持っているなどの条件を備えていないと、融資を受けることができません。しかし、ある方法を使えば、マンション経営用の物件にローンを利用することができます。それは、「住宅ローンを組む」という方法です。自分が住むということにすれば、住宅ローンを利用することができます。

住宅ローンは、基本的に融資の基準も緩めです。サラリーマンであれば、特に大企業でなくても大丈夫ですし、1年以上の勤務年数があればたいていは審査に通ります。年収についても、400万円以上ならまず大丈夫ですし、300万円台であっても、ローンの金額が1,000万円程度なら通る可能性は高いといえます。なぜこのように基準が緩いのかというと、本人の情報だけで審査するため、物件の担保価値などを考慮する必要がないからです。

ただし、場合によっては住宅ローンが組めないこともあります。まず、これは自分が住む家を買うためのローンですから、すでに住宅ローンを組んでいる場合は、当然組むことができません。また、過去に住宅ローンを組んだ時に滞納歴があると、審査に通らないおそれがあります。そして、自己破産の経験があったりすると、一定期間は融資を受けることができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です