マンション経営で気をつけること

マンション経営で、収入を得ようと考えている人も最近は多いです。

マンションを賃貸物件にすれば、自然に家賃収入を得ることができるので人気があります。ローンを組んでマンションを購入した場合は、完全にマンションが自分のものになるまでは時間がかかるので、金利が上がることも考えておく必要があり、リスクもよく考えておかなければいけません。マンション経営を目的でマンションを購入するなら、新築マンションを購入するより、中古のマンションを購入して、リフォームやリノベーションをおこない賃貸するといいでしょう。

なぜなら新築マンションは高く、マンションを賃貸にしても、なかなか利益がでないからです。それよりも安い中古マンションを購入した方が、利益はでやすくなります。マンション経営は、株などに比べてリスクが少なく、わりと安全な投資といえます。あまり情報を得ないでマンション経営を始めてしまうと、あとで後悔することになるので、できるだけ信頼できる不動産会社に相談することが大事です。

たまに、満室になったマンションを見せて、マンションを売ろうとする業者もいますが、満室だから家賃収入は大丈夫だと思って購入すると、メンテナンスができてなくて、後から修理に高額な費用がかかることもあります。他にも入居者が学生ばかりだと、その時は満室でも春になるとみんな引っ越してしまい空き室が増えることもあるので、よく入居者のタイプも確認してから購入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です