マンション経営は金融商品と比較して資産価値がある

マンション経営は一般的な金融商品と比較しても、節税効果を期待しながら低リスクで始めることが可能な資産運用方法と言えます。

マンション経営のためにマンションを購入して、自分が住むためではなくて賃貸をすれば家賃収入を得ることが可能になります。マンション経営という言葉を聞いたときには建物1棟全てを購入して賃貸経営をすることを思い浮かぶ人が多いと思いますが、現実には一室からでも運営は可能です。マンションの一室を購入してマンション経営を始めるときには、住宅ローンを利用した場合であっても家賃収入を得ることで住宅ローンの返済資金として充てることができますので、頭金としての資金の投入も少額で済みます。

近年の金融商品では、超低金利水準の商品が多いということもありますし、利回りの高いものの場合にはリスクも高くなる特徴があります。それと比較したときにはマンションの運営であれば立地を厳選することで、リスクを低くすることが可能なので安定した資産形成に繋げることができます。リスクが低いこともあって、住宅ローンを組んだ場合でも完済した後においては家賃収入を全て自分の収入にすることができます。

それによって、老後の生活資金を確保することが可能になりますし、不動産としての資産を手に入れていますので売却することで現金化することも可能です。将来的に日本がインフレを起こしたときには、現金などの金融資産は目減りをすることが考えられますが、マンションであれば大きく価値が下落しにくいものと言えますので、時代に合わせた価値による収入を得られることが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です