マンション経営の色々

マンション経営は、近年裾野が広がっています。

主なものは、土地を既に所有している人が、節税の為に行うか、ローンを組んで土地と建物の双方を購入し、管理などは一括して専門業者に任せるというものです、こういったタイプのマンション経営では、例えば30年などの期間、賃料が保証されているため、空室リスクを気にせずに済むと言うメリットがあります。もちろん、その分価格は高めになるのが普通です。これらに対し、空室や経年劣化による賃料保証をしない代わりに安価で建てられるマンションやアパートもあります。

こういったマンション経営の場合、空室が出たら自分が住むという選択肢もありますし、小規模のものですと通常の一戸建て住宅を建築するよりも費用が低いこともあります。後者の場合、空室リスクは困りますので、立地の選び方や使いやすい間取りの工夫、こまめなメンテナンスが重要になります。これら以外に、サラリーマンなどがマンションの一室を購入して賃貸に出すタイプのマンション経営もあります。

この場合は、ローンを組む必要がないか、あっても少額で済むというメリットがありますが、一室ですので空室になってしまうと固定資産税などのコストだけが掛かってしまいます。したがって、物件の選び方が非常に大切になります。マンション経営で成功している人の中には、余暇のほとんどを住宅の内見に費やしている人もいる位です。そうしてマンションの選択眼を養っていけば、いずれのタイプの投資でも成功の確率が高まることが期待出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です