マンション投資で赤字になっても心配ない

マンション投資をしている人の中には、決算のたびに赤字になっているという人もいるようです。

赤字になるのならやめておいたほうが良いと考えるのは自然なことなのですが、これは必ずしも悪いことではありません。というのも、そもそも赤字というのはあくまでも帳簿上の話だからです。賃料収入が少なくて経費が多くなってくると赤字になるでしょう。

しかし、赤字になることとお金がなくなることとは別です。帳簿上では様々な経費が計上されますが、その一つとして減価償却費があります。減価償却費は建物の劣化を経費として計上できる仕組みです。建物が劣化したことによって資産は減少するという考え方に基づいて会計処理がなされるのですが、建物が劣化しても現金が出て行くわけではありません。つまり、経費として計上できるのですが、お金は減っていかないのです。

マンション投資では建物に対する減価償却費も大きくなりますから、かなりの赤字になっていることもあります。赤字になったとしても現金が手元に十分にあれば問題ないでしょう。それどころか、赤字を活かして税金対策ができるという点にも注意しなければなりません。赤字であれば税金を支払う必要はありません。また、他の所得と相殺できることも多いですから、例えばサラリーマンが節税のためにマンション投資を始めるケースもあります。赤字になったからと言って焦るのではなくて、それを活用していくことは必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です