生命保険代わりにマンション投資

マンション投資をするメリットの一つが生命保険代わりになることです。

多くの人はマンション投資を始める際にローンを組みますが、このローンを組むときには団体信用生命保険という保険に加入しなければならないのが普通です。団体信用生命保険とは、万が一の時にローンを支払わなくても良くなる保険です。もしも死亡した場合、ローンの残金は保険金によって完済されますから、借金が残ることはありません。死亡した場合には、ローンが完済されたうえで、物件は相続の対象となります。ですから、家族はローンがなくなったうえでマンションを保有できるというメリットがあります。

生命保険というのは、万が一の時に生活をしていくための費用を何とかするためのものでしょう。それを考えれば、マンション投資をしていれば、生命保険に加入する必要はないとも考えられます。多くの人はすでに生命保険に加入していると思いますが、このようなひとにとっては、ローンを組む際に見直しをすることは必要なことの一つだと考えられます。万が一の時には、一般的な生命保険から保険料を受け取ることができ、そしてマンション投資さんが残ることになれば、生活をしていくための費用は十分過ぎます。それを考えれば、一般的な生命保険に加入しているのは少し無駄だと考えられます。それぞれのケースによって異なるとは思いますが、マンション投資を始めれば生命保険を見なおして、保険料を抑えるというのが一般的な考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です