マンション経営の誤った税金の知識

マンション経営を始めれば税金対策になり、所得税が安くなると言われることが多いです。この意味は、不動産所得と給与所得を合算することによって、所得税の金額を安く出来るという意味です。単に損益通算が出来ると言うだけのことで、常に税金が安くなるのではないという点に注意が必要です。所得が大きくなれば税金も高くなります。

これは当たり前のことです。もしもマンション経営が赤字であれば、その赤字で所得を控除できますから、所得税を安くすることが出来ます。しかしながら、全体的な所得が低くなっているのですから、税金が安くなったとしても意味はないでしょう。結局、損をして税金が安くなっているわけです。

マンション経営を始めれば減価償却費を計上できるから税金が安くなると言われることもあります。これは、セールストークのようなものだと考えておくべきでしょう。減価償却費は、物件を取得するために最初に支払ったお金を、過年度で経費化する制度です。ですから、お金を支払っていることには代わりはありません。

マンション経営を始めたばかりの時には家賃収入も少ないですから、赤字になって所得税が軽減されることもあります。しかし、それがずっと続いてもらっては困ります。どこかの段階で黒字になってもらわないと、赤字続きではいずれ破綻してしまうでしょう。そうならないようにするためには、正しい税金の知識を身につけることが必要で、セールストークに惑わされないようにすることも必要です。

無料Wi-Fi設備投資のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です