マンション経営は生命保険の代わり

マンション経営をすることによって生命保険が不要になると言われることがありますが、これはなぜなのでしょうか。生命保険が不要になるというのは、もちろんこれは間違いではありませんが、もう少し正確に言うと、別の生命保険に加入するために、一般的な生命保険に加入する必要がなくなるという意味です。この点を理解しておくことは必要です。ローンを組んでマンション経営を始める人は多くいます。

ローンで多額の借金をして、それを完済する前に死亡してしまうと、家族は借金まみれになってしまう可能性があります。そうならないようにするために、団体信用生命保険という生命保険に加入できるケースが多いです。団体信用生命保険に加入しておけば、死亡したときには保険金でローンを完済できます。ローンが完済されたとしても、マンションそのものは財産として残りますから、この財産を売却するのも良いですし、売却せずに保有し続けて家賃収入で生活をするのも良い方法です。

このような意味で、一般的な生命保険に加入しなくても良いのです。ですから、マンション経営をすれば生命保険が不要になるというわけではないことが分かると思います。また、団体信用生命保険はあくまでも死亡保障ですから、それ以外の部分は一般の保険に加入して保障を受けるべきでしょう。ただ、やはり団体信用生命保険に加入したのなら、一般的な生命保険の保障内容を見直したほうが良いと考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です