マンション経営をするなら区分所有

マンション経営を始めようと思うと多額の資金が必要になります。銀行からローンを組むことができるとは言っても、やはり自己資金としてある程度は必要となりますし、手元資金があまりもなければローンを組めないこともあります。資金がネックとなって始められない人もいますが、区分所有なら多くの人にとってメリットは大きいと考えられます。区分所有とは、マンションの全体を取得するのではなく、一戸、あるいは数戸などを取得することを指します。

一部分だけを取得するのですから、もちろん金額は安くなります。これにローンを組み合わせれば、数百万円くらいの資金があればマンション経営を始めることもできます。この点は非常に魅力的だと言えるでしょう。安い物件ならローンを組まずに買うこともできるわけです。

ですから、魅力的な方法だと考えられるのですが、リスクもあることを知っておかなければなりません。まず、老朽化が心配です。老朽化して使い物にならなくなれば、建て替えを検討するべきでしょう。しかし、複数のオーナーがいれば意見がまとまらず、事実上は立て替えは難しいと考えられます。

そのような状態では売ろうにも売れなくなっていることもあります。売れなくて資産価値がなくなっていても、管理費や修繕積立金は支払っていかなければならないという点に注意が必要です。区分所有でマンション経営をするのなら、このようになるまえに売却することも検討しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です