本気のマンション経営には一棟買い

本気でマンション経営を行っていきたいと考えている人がいるのなら、一棟買いも視野に入れて検討するべきでしょう。一棟買いというのは、土地建物のすべてを所有することを指します。そのメリットはというと、経営努力が実りやすいことです。一棟買いすれば、すべが自分の所有となりますから、自由にいろいろなことができるようになります。

区分所有の場合には、そうはいきません。エントランスが使いにくかったとしても、その部分は共用部分ですから、修繕するためには管理組合での合意をとらなければなりません。一棟買いの場合には自分で決定することができます。スピーディに経営判断ができることは、一棟買いでマンション経営をする魅力の一つです。

運用するためのコストについても同じで、自分だけで決められるというメリットは非常に大きいです。例えば、管理するための費用がかかりすぎていると感じたのであれば、その部分を改善してコストカットしていくことも可能です。ほかにも、外観を修繕して物件を魅力的なものに見せようと考えた場合でも、一棟買いならそれが可能です。もちろん費用の計算などもしなければなりませんから大変な部分はありますが、自分でいろいろなことができる自由度があるのは非常に魅力的なことだと言えるでしょう。

ですから、本気でマンション経営を行って、高い収益を求めていこうと考えている人なら、どちらかというと一棟買いの方が適していると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です