シングルタイプでマンション経営

マンション経営をするときに、どのような物件を取得するのかは非常に大事なことの一つだと言えるでしょう。最近ではシングルタイプのものを所有する人が多くいます。シングルタイプは床面積が狭いですが、床面積あたりの収益は大きくなる傾向があります。そのために、あまり大きくない土地を活用する際に用いられることが多いのです。

ただ、狭すぎると入居者が見つかりませんから注意が必要です。その目安は一個あたり25平米です。それよりも小さくなると人気が一気に下がります。特に都市部でマンション経営をする際には、シングルタイプを利用する方が安定性が高くなりやすいです。

都市部では人の入れ替わりが激しいですから、一時的に生活するためにシングルタイプを利用する人が多いのです。ですから、空室が生じても、すぐに入居者が見つかりやすいために、賃料収入が安定しやすくなります。ただ、入れ替わりが激しいですから、空室が生じたときの機会費用も考慮しておかなければなりません。ただ、オーナーとしての手間は増えるという点に注意が必要です。

入れ替わりが激しいですから、入居や退去に関する業務が増えるわけです。リフォームをしなければなりませんし、入居者の募集も行わなければなりませんから、オーナーが忙しくなるのは自然なことだと言えるでしょう。マンション経営に関しては管理会社も充実していますから、このあたりの業務は管理会社に任せてしまうという方法も考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です