中古マンションに住もう

マンション住まいを夢見るのであれば何も新築マンションでなくても構わないはずです。世の中にはたくさんの中古マンションが売り出されていますが、最近はその安さから中古マンションが注目されています。しかもここ10年ぐらいで建築されている新築マンションは、耐震性などを考えても割としっかりとした造りになっており、中古で購入したとしてもそれほど新築と見劣りしないでしょう。金銭面についてはどうでしょうか。

いくら気に入った物件があったとしても金銭的に手が届かなければ購入するのは難しいわけです。ただ、築10年目ぐらいだと新築マンションに比べると2、3割は安くなるのです。仮に築20年以上のマンションであれば、半額程度で購入することができるためねらい目とも言えます。ですが、築20年も経過するとリフォームをしないと内装もかなりガタが目立ってきます。

しかも、20年前の設備は当時は最新の物であっても今から見ればかなり見劣りがします。そのため、マンションを購入すると同時にリフォームを検討したほうがいいでしょう。ただ、前の住人が出て行く前にリフォームをしてある場合がありますので、その場合はリフォームについて考える必要はなくなります。それ以外では、新築マンションと違い中古マンションの場合は内覧して購入することができる点に大きなメリットがあります。

ただ、住人が住んでいる場合があるので、細かいところは見ることができない可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です