マンションへの投資セミナー参加について

今やどこの銀行も超低金利時代へと突入し少子高齢化により老後の年金もあてにできない昨今、サラリーマンの給料では不安に感じてらっしゃる現役世代が多くいます。それでもFXや株式投資などは安定性に欠けるためリスクを恐れてなかなか思うように一歩が踏み出せないのが現状です。そこで収益が長期にわたり安定的に家賃収入が得られる不動産投資が注目を浴びています。なかでも比較的素人でも取り組みやすいマンション経営は空床率を抑えるため家賃の見直しや入居者方法の募集などをオーナー自らの判断で迅速に行うことができるため、実直に投資効率に結びついていきます。

また所得税や相続税などの節税対策のほか、マンション建設に伴う住宅ローンを組む場合、団体信用生命保険という生命保険に加入しなければならないため、万が一契約者が不測の事態に陥った場合この保険金を住宅ローンの返済に充てることができることから生命保険の代用としても活用できます。しかしマンション投資にもリスクは備わっており、例えばマンション建設に自己資金が不測する場合借り入れが必要となるため、この返済や利払いの支払いにより返済が完納するまでは必然的に利益が減少してしまいます。また経営に行き詰まり売却となった場合、当初に購入した資産よりも値下がりしていることがあり借り入れ分を返済できなかったりするケースもあります。ミドルリターン、ミドルリスクを抱えながら長期に安定した実収入を挙げていく必要があるため、まずは各地域で開催されている無料の投資セミナーに参加してみるのもいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です