マンション経営は収支が黒字になるよう堅実に

マンション経営を着実に行ってゆくためには、とにかく、月々の収支が黒字になるように運営して行かなければなりません。すなわち、月々の家賃収入がその経費を差し引いてもプラスになる、といったマンション経営になってなければならないということです。多くの場合、個人でマンション経営を行っている人は、そのマンションの購入を不動産投資ローンで行っているでしょうから、月々の経費の主たるものは、当然にそのローンの返済分となっているわけなので、家賃収入からそれを差し引いてもちゃんと利益が出る、という経営状態になっていなければならないのです。このためには、当初からいたずらに個数を多くするようなことはせずに、着実に月々の収支が黒字になるような経営規模にしておくことが肝要なのです。

そのようにして、着実に黒字経営ができるようになって、マンション経営のノウハウというものを一通り会得してから、その経営規模の拡大に乗り出せばいいのです。ところが、当初から過大に利益を見込んでしまって、個数の多い経営を始めてしまったりしたような場合には、思うように入居者が集まらずに空き室が目だってしまって、家賃収入が思うように上がらずに、ローン返済に苦労することになってしまう、といったことにもなりかねないのです。もしも、自己資金だけでマンション経営を始めることができた人であれば、それでも赤字経営で済んでしまいますが、これがローンによる経営であった場合には、ローン破産という最悪の事態にもなり得るのです。IoTマンションのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です