マンション経営の物件を選ぶためには

マンション経営を始めるときに最も大事なことが物件選びです。優良物件を選ぶことができれば、マンション経営はほぼ成功したようなものです。良い物件であれば入居者はすぐに見つかるでしょうし、利回りが高ければ売却するときの価格も高くなりやすいです。ですから、良い物件を見つけることは非常に大事なことなのです。

では、良い物件かどうかを判断するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。最も簡単な方法が収益を把握することです。結論的に言えば、ぼろぼろの物件を取得したとしても、何十年も高い収益を得ることができるのなら、それは何も問題はありません。見た目や築年数の条件が良かったとしても、収益が小さければ良い物件ではないと言っても良いはずです。

収益が優れているのかどうかは、利回りを計算するのが妥当です。その際に注意しなければならないのは、地域による違いです。全く同じ土地の面積で、同じ建物が建っていたとしても、地域が違えば利回りは異なります。たとえば駅から徒歩5分の物件と徒歩30分の物件とでは、入居率は変わるでしょうし、物件の取得価格も変わるはずです。

ですから、利回りを単純に比較することで判断は難しいです。ですから、だいたい同じような地域にある同じような物件と比較して、利回りが妥当なのかどうかを判断するメリットは大きいと考えられます。マンション経営ではこのようにして地域ごとに比較していくと、割高な物件を買ってしまうことを防ぐことに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です