マンション経営の資金計画についての考え方

マンション経営をするオーナーは、一棟を所有するオーナーと、区分所有物件の一室を一戸または複数所有するオーナーの二つのタイプに分かれます。もちろん、この両方でバランス経営をする方法もありますが、まずは、一棟所有について考えて見ます。一棟所有は、土地を含め、建物も所有することを指しますが、この場合は、十室以上、数十室を経営するということになれば、事業的なマンション経営をするということになります。物件の立地条件が良かったり、賃貸入居者のニーズが高い地域性であったりすれば、長期に亘って安定した経営ができるということになります。

また区分所有建物のうちの一戸単位で数戸を所有して賃貸するといっても、事業規模とは言えません。実際に、ワンルームのマンション経営などは、比較的小規模であるがゆえ、サラリーマンが副業として行っている事例も多くあります。どちらにしても、取得時の資金計画は重要なポイントで、表面上の物件価格に、附帯する経費を加えた総額に対して、自己資金をどのくらい用意すれば良いのか、考えておかなければなりません。取得総額から、自己資金を差し引いた部分を借入金にてまかない、返済期間を決定し、基本的には賃貸マンションの賃料収入より充当するわけですから、最初に用意する自己資金が多ければ多いほど、借入額は少なくなり、返済期間も短くなります。

同じく自己資金が少なければ少ないほど、借入額は多くなり、返済期間も長くなるということですが、団信生命保険の活用により、自己資金を少なく、借入金を多くした場合でも、将来結果的に有利になる場合もありますので、そういった点を調査して比較するのも面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です