マンション経営の空室率を下げる

マンション経営で最も恐ろしいのが空室です。どれだけ良い物件を取得したとしても、入居者がいなければ利益を得ることはできません。ですから、何らかの方法で入居者を維持していかなければなりません。そのために必要なことはいくつかありますが、まず立地を選ばなければなりません。

首都圏に絞った方が良いと言われることもありますし、都心でないと安定しないと言われることもあります。首都圏でないとマンション経営を続けられないと言うことはありませんが、その場合でもやはり都市部でないと入居率は低くなることもあります。都市部で需要の高い地域であれば入居率が下がる可能性は低くなりますから、住宅の需要のある都市部に物件を持っておく方が良いのです。物件の種類としてはワンルームマンションが最もリスクが小さいと考えられます。

タワーマンションなどのような物件の方が賃料収入が高いですから魅力的に感じる人も多いと思いますが、タワーマンションのような高額物件に入居したいという人は多くありません。マーケットは限られていると考えられます。ワンルームマンションは手間がかかる割には賃料収入が少ないですが、需要は高いために、収入の安定性では優れていると考えられます。ワンルームではなくても、どちらかというと規模の小さいほうがマンション経営には適していると考えられます。

できることなら新築が良いですが、新築ではなくても築浅物件のほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です