マンション経営はリスクの分散がポイント

本業で時間をあまり確保することが出来ないような人であっても、マンション経営であれば、空いている時間を活用して行なうことが出来ます。間に不動産管理会社などを挟んでおけば、日常のちょっとした管理などもしっかりと任せることが出来、ほとんど手間を掛けることもないでしょう。しかし、通常マンション経営の場合、投資物件購入時に長期間のローンを組むことになるので、ある程度長い視野を持って取り組むことが必要なります。業者からの安易な投資勧誘などに乗ってしまうと失敗をしてしまうこともあるので注意が必要となります。

投資するマンションを選ぶ際に注意しなければならないポイントしては、継続的に収益を確保していくことが出来るかという点が挙げられます。人気が高い地域であり、現在多くの賃借希望者がいるような場所であっても、一過性の人気である可能性もあるので、ローン支払い期間中継続的に人気を保っていることが出来るかも考えることが大切です。また、大学などの近くにひとり暮らし用のマンションを購入する場合にも、大学の移転リスクなどがあるので、しっかりと情報収集を行なったうえで購入を決めることが大切です。マンション経営のリスクである空室リスクを少なくする為には、複数の物件を所有するということも有効な手段となります。

また、エリアを分散されておけば、管理には手間がかかってしまいますが、色々なリスクを分散させることには有効に働くことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です