マンション経営とはどういうことか

マンション経営とは、自分がマンションを買ってそこに住まうのではなくて、他の人に貸してその家賃収入を得ることを指します。これは自己資金を使っても又住宅ローンを使っても良いもので多くの人々もマンション経営を始めることが出来ます。そして折りよく行けばその家賃収入の中から毎月のローンの返済額を返して行くことも出来るとされています。現在は金利も最低水準にあり、年金の先行き不安もあったりして資産運用の方法として注目されています。

これを行うには地方ではなくて人口が過密な都心部だからこそ可能となるものと考えたほうが良いものです。家賃収入が入り元来は不動産所得となりますが、減価償却費や借り入れの利息、管理費、修繕費、固定資産の費用が必要経費として認められます。又、住宅ローンを組んだ場合はその借り入れ金には団体信用生命保険がかけられますのでもしやのことがあっても返済金が支払われることになりますから安心出来ます。割合に景気変動の影響を受けることの少ない資産運用とされています。

自分で管理するというのも労力を使うものですが、管理会社に任せるとその手数料の額もそれなりの費用がかかって来ますので検討することが必要です。中古マンションを購入して貸すことや1棟丸ごと買い受けて貸すこともあります。その際に空室が出ると予想外の損失になりますし、自然災害や火災、地震の影響を受けることもあります。入居者に対しては快適な居住環境を提供することからメンテナンスや定期的な修繕費も見ておかなければなりません。

これらのことをマンション経営でよく研究して取り掛かると10年近い時点で元が取れるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です