美容クリニックで行う医療レーザー脱毛はお勧め

女性を何かと悩ませるムダ毛のお手入れ、ただ単に体毛がなくなれば良いというような単純なものではなく、処理後の素肌が、美しく整えられていなければ意味がないので、我々素人が行うにはとても難しいお手入れでもあるのです。

そこでプロの脱毛ケアにチャレンジして見ようと、意識する女性も増えていますが、この時、エステ脱毛を選択するのと、医療脱毛を選択するのとでは、その仕上がりに大きな差が生じるので、よりレベルの高い仕上がりを手に入れたいと考えているのであれば、クリニックでレーザー脱毛を受けましょう。

レーザー脱毛は、毛母細胞を完全に破壊させることが出来るため、もう二度と体毛が生えてこなくなるという永久脱毛が叶えられますが、エステ脱毛では、何度施術を重ねたところで、ここまでの美肌効果は不可能です。

エステ脱毛では、あくまでも体毛が目立ちにくくなるというレベルの仕上がりでしかなく、綺麗な状態を維持させたいなら継続的なメンテナンスは必要です。

体毛がもともと薄い人といった仕上がりで満足できるならエステ脱毛で十分ですが、もう処理不要な完璧なツルスベ肌を手に入れたいなら、美容クリニックでレーザー脱毛を受けなければなりません。

費用は一見医療脱毛のほうが高いと思われがちですが、今後のお手入れまで含めて考えるならば、エステ脱毛のほうがランニングコストは必要となり、割高になるでしょう。医療脱毛は、通院する回数もわずか数回程度なので、時間的にも効率良く脱毛ケアが完了できる方法です。レーザー脱毛で綺麗な脱毛処理ができるのはなぜでしょうか。



基本的に、医療機器を利用したレーザー脱毛は医療に従事する人以外では施術をすることが不可能なものです。

医療機器を仕入れるためにも資格が必要になりますので、資格が無い状態で設備を整えてしまうと犯罪行為になってしまいます。

レーザーを利用した脱毛はそれくらいに敷居が高いものになっているわけです。レーザーというのは、簡単に言うと光の波長を変えて照射するものであるため市販で購入することができる光脱毛の機器と何も変わるところがありません。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、照射されるレーザーの威力の違いにあります。市販の光脱毛の機器の光の威力は、素人でも使うことができるように威力を小さくしているのですがレーザーに関しては光の威力が非常に強くなっている傾向にあります。

光の威力を強くしてレーザーを照射するわけですから、扱いには非常に注意をしなくてはいけませんが、それと同時に体毛を除去できるエネルギーも大きくなっていることを意味します。

光脱毛もレーザー脱毛も、光の波長を変化させることによって身体の体毛以外には反応しない特殊な波長を含ませているので、肌に対して直接照射してもやけどするようなことはありません。

ただ、レーザーの場合は光よりもさらに威力が強いので医師が慎重にやらないと体毛と同じ色を持つほくろなどに反応してしまうことがあるので注意が必要なのです。レーザー脱毛を行うその日にお酒を飲むのは出来れば控えておいた方が良いです。



どうしてなのかというと、レーザー脱毛の仕組みとも大きく関わっています。

レーザー脱毛というのは毛に対してのみ反応するように用いられるレーザーは調整されていると言われていますが、それでも全く肌に影響がないという訳では無いです。

レーザーを照射すると体毛の色素がエネルギーを吸収して発熱するのですが、その熱は毛根部分にある毛の細胞のみに伝わるのではなく、その周辺の組織に対しても若干は熱が伝わってしまいます。人によっては脱毛後に肌がぽつぽつと赤くなったりする事もありますが、それは軽い火傷状態であるために起きているのです。

特に赤くなるような事が無くても、熱が体毛の周辺組織にも伝わっているという事で熱が肌に籠っているという状態には違いないです。

そのような状態でお酒を飲むと、血行を良くして体温を上昇させる原因となってしまい、肌がすぐに赤くなりやすい人は症状が悪化したり、そうで無い人でも軽い火傷の症状が現れる事もあります。美容目的でせっかく脱毛しているのに、その脱毛が原因で肌のトラブルが起きてしまったのではせっかく脱毛しても台無しです。

軽い火傷程度であれば数日もすれば元に戻りますが、症状が悪化してしまわないようにするためにもトラブルの原因となる可能性がある事は出来る限りは避けておいた方が賢明です。

あくまでもお酒を飲まない方が良いのは施術当日の話なので、お酒好きな人も一日ぐらいは我慢した方が良いです。

現在では手頃な料金で施術を提供する脱毛サロンが増えており、ムダ毛に悩む女性が通うことも珍しくなくなくなっていますが、脱毛サロンで普及している光脱毛はムダ毛の黒い色素(メラニン色素)のみに反応する光で脱毛を促す方法ので、色素の薄い産毛の処理にはあまり適していません。

このため、顔や背中、うなじなどのように産毛が多いパーツの施術では、最低でも10回以上の施術を受けなければ十分な効果が見込めない場合が多いのです。

これに対し、一般には美容皮膚科や美容外科などのクリニックで提供されるレーザー脱毛は、強力なレーザー光線で毛根を破壊することができるので、産毛にも効果があるといわれています。ただし、クリニックによっては、同じレーザー脱毛でも産毛に対して十分な効果が得られない場合もあります。



クリニックによって産毛のレーザー脱毛に効果に違いがあらわれるのは、クリニックによって施術に使用している脱毛器の機種が異なるためです。

レーザー脱毛の機器は日進月歩で進歩しており、最新の機種ならば産毛に対して高い脱毛効果が得られるように改良が加えられていますが、クリニックによっては数年前の古い機種を使用している場合もあります。

当然、古い機種では最新の機種よりも産毛を処理するのが苦手ですし、その分効果があらわれるまで何度も施術を繰り返すことになります。つまり、産毛の処理では、最新の脱毛器を導入しているクリニックを探すことが重要といえるわけです。

ちなみに、最近大手のクリニックを初め、導入するクリニックが増えているのが「ライトシェアデュエット」というレーザー脱毛器です。

これは産毛への高い効果が期待できるとされるダイオードレーザーを照射できる脱毛器で、皮膚への刺激が小さくて施術時の痛みが少ないとネットの口コミでも評判なので、特に背中や顔の産毛を徹底的に脱毛したい方はこの機器を使用するクリニックがお勧めです。

美肌を維持する方法として、セルフケアでムダ毛の処理をしている女性は少なくありませんがムダ毛の処理は肌に負担をかけてしまう危険がありますので、少しでも肌へのダメージを軽減させるためにはお手入れの回数を減らすことが必須になってきます。

そこでエステサロンや美容サロンなどの美容専門施設を利用してお手入れを行う方法が人気になっていますが、その場合使用されている脱毛方法は特殊な光を照射するフラッシュ脱毛になりますので、スムーズに脱毛が行える反面定期的にムダ毛の処理を受けないとムダ毛が再生してしまい、継続したお手入れを行う必要が出てくるのです。

そこで面倒なお手入れから解放される方法として人気になっているのが、医療施設で受けることが出来るレーザー脱毛のお手入れです。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて高い脱毛効果があり、きちんと施術を行う事でムダ毛の元である毛乳頭をレーザーで破壊してしまうので、綺麗でつるつるの状態を維持することが出来るようになりますし、時間が経ってもムダ毛が再生せずに永久脱毛効果を得られるので、多くの女性に利用されています。

レーザー脱毛は一般の皮膚科ではなく、美容施術を主に行っている美容皮膚科クリニックで施術を行っていますのできちんとお手入れを行う事でエステサロンや美容サロンに通うよりも短い期間でお手入れを完了させることが可能になります。お手入れ自体は時間をかけずにケアすることが出来るので忙しい方にも人気です。


Copyright (C) 2017 実際に行った方の意見から脱毛サロンを選ぼう All Rights Reserved.