永久脱毛というと脱毛エステで行われているフラッシュ脱毛と医療機関で行われているレーザー脱毛の二種類があると思っている人もいますが、本当の意味での永久脱毛を行いたいのであれば医療機関で行われているレーザー脱毛を選ぶ必要があります。

永久脱毛というのは医療機関でしか行う事が出来ず、脱毛エステで行われているフラッシュ脱毛というのは永久脱毛とは呼べないのです。エステの脱毛を永久脱毛と誤解している人もいますが、中には永久脱毛のようにも取れる宣伝をしている脱毛エステも存在しているために、永久脱毛と勘違いしてしまうのも無理は無い事です。

脱毛エステでの脱毛というのは効果が全くない訳では無いものの、永久脱毛であるという証明がなされておらず効果もレーザー脱毛の方が高いです。

また、きちんと効果的で安全の高い脱毛を行うためにはそれなりの教育を受けて知識を身につける必要があり、脱毛エステでもしっかりと教育を行っている場合もありますが、医療機関と比べると平均的な衛生面や教育水準は十分に満たしていない場合も多く、どのようにして脱毛するのか十分な知識もないままに施術が行われている場合もあります。

また、どんなに優れた施術であっても予期せぬトラブルが起きる事はありますが、医療機関であれば治療行為を行う事が出来るという点でも脱毛エステよりも安心感が強いです。

脱毛エステの中にも質の高い施術を行っている所はありますが、それでも永久脱毛と呼べる脱毛を受ける事が出来ないという点はどんなに優れた脱毛エステであっても変わらないので、だからこそ医療機関でレーザー脱毛を行うのが良いです。

足のレーザー脱毛は美脚を目指す女子にも人気です。そんな足の脱毛ですが、スカートから見えやすいひざ下だけではなく、ひざの頭や、ひざ上まで全体的にレーザー脱毛を終わらせておくと楽です。ひざ下は女性のファッションからしても、ひと目にはつきやすいため、脱毛は終わらせておくに越したことはありません。



足も全体的にレーザー脱毛を終わらせておけば、スカートなどのファッションだけではなく、水着の着用だって平気になります。そんな足の脱毛ですが、全体的にレーザーでの照射をしたにも関わらず、なぜかムダ毛が残りやすい部分がります。

ひざ下のパーツとひざ上のパーツは順調に毛量は減ったとしても、なぜかムダ毛が残りやすいのは、ひざの頭の部分です。いざのパーツは、ほかと比べても皮膚が厚いことも関連しています。関節の部分ですから、日頃からの運動には強くある必要があります。

ですから皮膚は集めですし、そのためにレーザー光はあまり奥までは届かないということになります。ひざは黒ずみもしがちなパーツです。摩擦を受けやすいですし、色素沈着もしやすいことから、黒っぽくなるのは普通のことです、黒ずみのある部分には、レーザーを高い出力で照射することができません。

膝の脱毛効果をアップさせるためにも、脱毛をしながら黒ずみの改善をすることも必要となります。膝には毎日、美白クリームを塗布するケアをしてあげましょう。脱毛の回数は、ひざだけ少し多めになることも理解しておくといいです。

よくレーザー脱毛は光脱毛と比較されており、比較対象の一つである費用については光脱毛の方が施術代が安く抑える事が出来ると言われています。

たしかに脱毛サロンの中には千円を切る値段で脱毛し放題などという格安プランが用意されている脱毛サロンもあり、それと比べると医療機関のレーザー脱毛は高額となっています。しかし、費用対効果の事を考えると決してレーザー脱毛が光脱毛と比べてコストが高いとは言い切れず、むしろコストパフォーマンスを考えたらレーザー脱毛の方が良い場合もあります。

脱毛サロンで行われている光脱毛はレーザー脱毛よりも効果が弱く、必然的に通う必要がある回数が増えるので同じ回数でのコストを比較しても意味が無いです。比較するのであればトータルでのコストを比べるべきなのですが、個人差があるために何回行えば完了するのかは断定できないです。



ただ、平均的な回数は光脱毛よりも少なくて済むために、決して高すぎる値段という訳では無く、脱毛サロンが安いからと選んだら、なかなか納得できる効果が出ずに通い続けて結局費用が高くなってしまうという事もあります。

中には脱毛サロンに通ったは良いものの、結局あまり効果が無くて医療機関で脱毛してもらい、はじめから医療機関で脱毛していれば良かったというケースも見られます。

このように単純に一回当たりの値段だけで単純に比較する事は出来ず、また、単に安ければ良いという訳では無いです。きちんと支払った分の価値があるかどうかで考える事が大切と言えます。

エステで行われている光脱毛の場合は2ヶ月に1回程度の割合で通う事になるので、よくコース契約で用意されている6回程度で大体1年程度かかる事になります。ただ、エステで6回程度の施術回数だと個人差があるものの納得出来る程の効果があるのかというと難しい所であり、平均的には8回から12回程度行う事で十分な効果があると言われています。

そうすると1年以上、場合によっては2年ほどは掛かるという事になります。それに対してレーザー脱毛の場合は出力が高くて効果が強い分だけ、施術回数が短くて済みます。

レーザー脱毛の場合は平均的には4回から6回程度で完了すると言われており、大体1年程度あれば完了するという事になります。

時は金なり、という言葉もあり時間は非常に貴重なものであり、レーザー脱毛の方が費用が高額になりやすいとは言われてはいますが、効果が高くて少ない回数で済み通う期間が短くて済むという点を考えれば、レーザー脱毛の方が光脱毛よりも魅力的であると言えます。

また、レーザー脱毛は医療機関のみで行う事が出来る方法であり、医療機関であるからこそ安全性や衛生管理の面についても特に資格も必要が無いエステと比べると高い水準であるという安心感もあります。

お金が必要である以上はコスト面も大切である事は事実ですが、単に安いからと言ってエステの光脱毛を選ぶよりも、ここでも述べた施術回数などの他の事も考慮した上で、納得できる所で行うのが良いです。



アンダーヘアのムダ毛は普段あまり気にならなくても、公衆浴場やプールなどに行くときや彼氏とのデートのとき、婦人科系の医師の診察をしてもらうときなど、そのままボーボーに生やしたままでは恥ずかしい思いをする場面も少なくないので、いつでもキレイな状態を保っておきたいものです。

特に、VIOラインが毛深い方や剛毛の方の場合、頻繁に処理をしないとすぐにボーボーになってしまうので、何度も繰り返し自己処理しているうちに皮膚を傷つけてしまったり、黒ずんできてしまったりするなど、トラブルも起こりやすくなります。

こうしたときには、美容クリニックのレーザー脱毛で徹底的に処理するのがお勧めです。VIOラインの脱毛は現在では脱毛サロンでも行われていますが、デリケートゾーンの脱毛は医療サポートが万全の美容クリニックで施術を受けるほうが安心です。

また、レーザー脱毛ならば脱毛サロンよりも少ない回数で確実に永久脱毛が可能なので、アンダーヘアの剛毛でお悩みの方でも何度も恥ずかしい思いをせずにスッキリと処理できるのも魅力です。

美容クリニックのレーザー脱毛では、Vライン(サイド+上部)、Iライン、Oラインの3~4つのパーツに分けて施術を提供していますが、最近はVIOラインの処理のニーズが高まりから、「VIO脱毛」としてまとめたプランで提供しているクリニックが増えており、VIO脱毛のセットプランならば別々に注文したときよりも安い料金で施術を受けられるのでお得です。

ただし、レーザー脱毛はやはり脱毛サロンの施術よりも刺激が強くて施術時の痛みが大きい傾向があるので、痛みに弱いという方は、「ライトシェアデュエット」のような低刺激で痛みが少ないレーザー脱毛器を導入しているクリニックを選ぶことをお勧めします。


Copyright (C) 2017 実際に行った方の意見から脱毛サロンを選ぼう All Rights Reserved.