レーザー脱毛の気になる痛みとは

レーザー脱毛はレーザーを当てるだけで脱毛できる画期的な脱毛法です。一度に広範囲の毛を処理できるため、スピーディーな施術も可能となり、脱毛する人が増えています。

しかし、これからレーザー脱毛を希望している方にとって気になる一つが施術時の痛みです。痛いのでしょうか。よく「輪ゴムで弾くような痛み」と言われますが、実際のところ人によって感じ方はだいぶ異なるようです。

痛みに弱い方やVラインなど皮膚の弱い部分はそれどころではなく、もっと痛いという人もいますし、そんなに痛くないという人もいますので、こればかりは実際に経験してみないとなんとも言えません。

ただ、腕や脚などに関しては痛くて耐えられないという人はほとんどいないので、あまり気にすることはないでしょう。

ただ、それでも痛みに弱くて心配というなら、とりあえずテスト照射をしてもらうといいでしょう。1、2発腕などに売ってもらってそれでも耐えられないようなら、体質的に向いていないのかもしれません。それで大丈夫なら問題ないでしょう。

特に痛いと言われるのはVIOですが、照射範囲が狭いので、ちょっと我慢すればすぐに終わります。それほど怖がらずにとりあえず一度試してみるといいでしょう。また、Vラインなど痛みが強そうな部分に関して麻酔を使う方法があります。

使うのは通常表面麻酔や笑気ガスなのでそれほど効果がないケースもありますが、何もしないよりは痛みを減らせます。

話題になっている脱毛の喜びの声を頂いています。

レーザー脱毛の痛みが怖いなら、こういった麻酔を使って対処するのがいいでしょう。

モデルのようなすべすべの両脚になりたいと思っているけれど、カミソリや除毛クリームではなかなか綺麗にならないので悩んでいるという方もあるでしょうね。

綺麗になるどころか、湿疹や吹き出物などの肌荒れがひどくなり、ムダ毛があった頃よりも汚い肌になってしまったと感じている方があれば、美容外科や皮膚科などのクリニックで、レーザー脱毛を受けるとよいでしょう。

クリニックなら、それぞれの人の肌の状態に合わせた脱毛が出来るので、肌の弱い人や、アトピー肌の方にも、刺激を与えないような優しい脱毛を行うことが出来ます。

レーザー脱毛は、エステサロンで行う光脱毛よりも威力が高いマシンを使って、ムダ毛を処理しますが、毛根には強いダメージを与えても、皮膚を傷つけることはないので、安心して任せられます。

多少、痛みはありますが、クリニックでは麻酔を扱えるので、実際の施術では痛いと感じることはないですし、脱毛自体も短時間で終わるので、何も怖がる必要はありません。通えば通うほど、どれだけ毛深い人でも綺麗な肌になっていくので、肌の状態を見るたび、楽しくてたまらなくなるかも知れませんね。

施術を受けた直後は、皮膚が赤くなることもありますが、これはレーザー脱毛ではよく起こることなので、気にする必要はありません。

時間が経てば治まりますし、冷たいタオルをあてれば、短時間で元の肌に戻りますが、なかなか腫れがひかないときは、我慢せずにクリニックに相談するようにしましょう。 脱毛 脱毛エステサロンで行われている光脱毛と病院で行われているレーザー脱毛は、どちらも同じような事をやっているので違いについてよく分からないという人もいます。



この二つの脱毛方法は原理は同じなのですが、簡単に一言で説明するとレーザー脱毛の方がより強力で効果が高い脱毛方法となっています。

まず、どうやって脱毛するのかについて簡単に説明すると、どちらの脱毛方法も黒い色素が反応して発熱するように調整された光を用いています。

光を照射する時には体毛のみにピンポイントで照射される訳では無く、その周囲の皮膚にも光が照射されていますが、黒い色素に対してのみ反応するように調整されているので肌は反応しないようになっています。

体毛の中に含まれている色素が熱を発生させて、毛母細胞にダメージを与えて脱毛する事が出来るのです。ただ、レーザー脱毛の方が単一の光を用いているのに対して、光脱毛は複数の光が混ざった状態となっています。

また、光の進み方にも違いがあってレーザー脱毛が一方向に定まった光であるのに対して、光脱毛は光が広がってしまって無駄があります。こうした理由があるためにレーザー脱毛の方がより効果的に脱毛する事が可能となっています。

脱毛エステサロンと病院で脱毛するのはどちらの方が良いのかというのは他にも色々と検討した上で選んだ方が良いですが、より効果が高い脱毛を選びたいのであれば、この違いは知っておいた方が良いです。

自宅以外で脱毛をするのであれば、脱毛サロンと病院の二つの選択肢がありますが、レーザー脱毛を行いたいという場合には病院でなければならないです。

レーザー脱毛というのは医療行為に当たるために、脱毛サロンでは行う事が出来ないからです。どうしてレーザー脱毛が医療行為なのかというと、レーザー脱毛というのは毛の細胞を破壊する行為であるために、扱い方を間違えると危険であるので専門的な知識を身につけている医療機関でなくてはならないと定められているのです。それでは脱毛サロンで行っている行為は何なのかというと、光脱毛と呼ばれる方法であってほとんどやっている事はレーザー脱毛とは変わらないです。



しかし、出力が弱くなっているために医療機器としては扱われていないで医療行為には当たらないというように言われているのです。

光脱毛の場合は出力が弱いために、脱毛しても細胞が傷ついて弱ってはいても、何度も生えてくる可能性があります。だからこそ、しっかりと脱毛したいのであれば、病院で脱毛するようにした方が良いです。

また、エステサロンでの脱毛だと平均的に通う必要がある回数や期間が病院と比べて長くなってしまい、1年以上かかるのは当たり前であり、2年以上かけて通ってもなかなか満足できる結果が得られない事もあります。

それに対して病院で脱毛すれば、大体1年程度である程度は納得できる効果が得られているという人が多く、中には脱毛サロンから切り替えて最初から病院を選んでおけば良かったという人もいます。モデルや女優は肌の色が白くて、透明感のある人が多いですが、それはもともと白いだけでなく、余分な毛が一本も生えていないのも理由なので、顔や手足にムダ毛がある方は、レーザー脱毛でなくすようにしてください。

ひじ下やひざ下に生えているムダ毛は太いので、気づくたびに自己処理している女性もありますが、顔に生えている産毛は非常に細いので、そのままにしている方も少なくありません。

しかし細くて頼りなく見える産毛も、量が多いと、肌の色をくすませる原因になるので、透明感のある、明るい肌に見せたいなら、毛の太さや細さは関係なく、すべてなくしてしまう必要があります。美容外科や皮膚科などのクリニックで行えるレーザー脱毛は、毛の質や量に関係なく、毛根にダメージを与えられるので、太い毛も細い毛も、すべてまとめて脱毛することが可能です。

エステや脱毛サロンで施術を受けたけれど、ムダ毛をすべて取りきれなかったり、またすぐに伸びてきたので、満足できなかった方が、クリニックに乗り換えるケースは多数あります。

サロンは料金が安く、気軽に通えますが、満足できない仕上がりになるなら、結局はお金を損してしまうことになります。完璧に仕上げたいなら、最初からレーザー脱毛を受けた方がよいので、まずは近隣のクリニックの口コミを調べ、評判の良いところを探すことから始めましょう。口コミの評判の良いところなら、技術が高くて、アフターケアも万全なので、安心して通い続けることが出来ます。


Copyright (C) 2017 実際に行った方の意見から脱毛サロンを選ぼう All Rights Reserved.